読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時の流れ

子供を抱いていると、「こうして抱ける幸せが味わえるのは今だけ」と思い、子供が成長して離れていき、同時に自分が老いていく時の流れに思いを馳せずにいられない。 猫を抱いていると、この幸せがいつまでも永遠に続かないかなぁと、無心で時を過ごせる。


いや、猫を抱いているだけで、貴重な週末の一日が過ぎてしまったというお話。