読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Watch、Google Glassに未来はあるか

Apple Watchや、あるいはGoogle Glassを見ていても、今一つ「期待できない」と感じてしまう。

これらウェラブルデバイスは、元から用いられているウェラブルなアイテムに取って代わろうとしてるようなのだが、それらの元のアイテムの価値を損なった形でしか提案されてないように見えるのだ。

私は、もともと腕時計もしてないし、眼鏡もほとんどつけてないが、Apple Watchなら付けてお出かけしてもよいとか、Google Glassなら装着して日常生活しようという気にはならない。ましてや、もともと腕時計をしてる人、眼鏡をしてる人が、愛用のそれらをはずして、あるいはそれに加えて、Apple WatchやGoogle Glassを付けるだろうかと想像すると、全くあり得そうにもないと思う。

というのも、そもそも、腕時計やメガネは、その機能で選択されているだろうか?正確な時刻を示す高機能腕時計がより好まれるのか?より広い視野が見れる眼鏡がより好まれるのか?全く違う。ファッションで選択されてるのだ。腕時計も眼鏡も、状況によって「着替える」というのも、もはや広く行われてる日常の風習だろう。

それに対して、Apple WatchやGoogle Glassは「どんな場合にも着替えずにつけていて十分オシャレ」なアイテムになり得るだろうか。とてもそんなことはあり得ないと思える。Apple WatchやGoogle Glassは、ファッションアイテムから、ファッション性を奪い取って、IT機能だけを売りにして、受け入れろと言っている。そんな無茶が受け入れてもらえる余地などあるはずがないように思う。だから私はApple WatchやGoogle Glassが機能をウリに人々に訴えかけても、受け入れてくれるのは、ファッションなど気にしないガジェットおたくに留まるとしか感じられない。


では、ウェラブルアイテムなのに、ファッション性(特に着替え)よりも、比較的機能で選ばれているアイテムはあるだろうか?可能性が残ってるアイテムならある。イヤフォン、あるいはヘッドフォンだ。

イヤフォン(あるいはヘッドフォン)は、外出時に使う場合も、そのデザインやカラーではなく機能で選んでる人が多いのではないだろうか。また、外出時の衣服に合わせてイヤフォンやヘッドフォンを選んでるという人は少ないのではないだろうか。そう考えると、ウェラブルITデバイスとして狙い目は、イヤフォンのような気がする。

イヤフォンなら、私も我慢してつける可能性はあると思う。むろん我慢するに値する機能がなければ、見向きはしないとは思うが。

無論、本当にイヤフォンが受けいれられるウェラブルITデバイスになりうるかどうかは、真面目にマーケティングの面から検討されるべきだ。ここに述べたのは私の与太話であるよ。