読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽作曲(シリーズ1回目)

実際の作者とは異なる作者名で世に知られた作品を、「偽作」と呼ぶ。佐村河内守の作品だと知られていた数々が、実は新垣隆氏がゴーストライティングしていたことが明らかになった、つい先日のスキャンダルも、その作品は「偽作」だったということになる。 実…

もりのくるみさんの思い出

最初のワルツより Ⅰ アーン Premières valses (Hahn, Reynaldo) 最初のワルツより Ⅱ アーン Premières valses (Hahn, Reynaldo) バレリーナ アイアランド バレリーナ ノクターン第1番 アルカン Nocturne, Op.22 (Alkan, Charles-Valentin) ロンド・ブリラン…

イタリアの作曲家の偽作

弾き合い会で、「イタリア」をテーマにという話があったのだけれども、「イタリア人作曲家による曲」を演奏しようという指定ではないことに気づいた。そこで、ちょっと捻ったことはできないかなと、「イタリア人作曲家の曲だと偽って発表された作品」を探し…

2016年 弾いた曲

1/9 第2回超有名曲会 バダジェフスカ 「乙女の祈り」 1/26 第5回みんなの音楽祭 デュカス=ロケ 「魔法使いの弟子」(ピアノ連弾版)(はるかさんと) 2/13 第19回関西ツイッターピアノの会 ブランシェ 3つのピアノの小品「トルコ」Op.18より No.3 「古…

「株式会社はてな」はこんなことで良いのでしょうか?

バイドゥ株式会社より、2013年のIMEの問題をまとめた記事が名誉毀損、業務妨害に相当するため削除申立があったと、はてなより連絡を受けました。https://t.co/80gWXPSRoQ — piyokango (@piyokango) 2016年6月15日 該当箇所は『Baiduの提供するIME、Windows…

ツイートパクリで記事一丁上がり、らしい

R25の“フェイスブックは「おっさんが自慢する場所」?”という記事をたまたま見たのだが、パクツイしまくりの剽窃記事でワロタ。こんなセコイ記事かいてる「小浦大生」って何者?(ググっても出てこないから、インチキライターの捨て名前だろうな) パクリ元…

2015年 弾いた曲

1/3 第10回大阪難波ピアノ弾き合い会マニュエル・ブランカフォルト 5つの夜想曲 より No.1、No.52/28 第16回ツイッターピアノの会in名古屋(ついぴ758)ヨーク・ボウエン 24の前奏曲Op.102より No.1〜No.43/7 マニアックなピアノ曲を弾く会 第1回珍曲のマチ…

カール・ニールセンの楽譜について

デンマークの王立図書館サイト www.kb.dk に、全曲のまとめと思われるものがあり、自由にダウンロードできる。 ピアノとオルガンのための曲が1ファイルになっていて、“「楽しいクリスマス」の夢”の楽譜はその50~51ページに掲載されていた。

テクラ・バダジェフスカの楽譜

ポーランドの作曲家、テクラ・バダジェフスカ(Tekla Bądarzewska-Baranowska、1834年/1838年 - 1861年9月29日)の作品とその楽譜について調査してみた。バダジェフスカは30曲程度の作品があるとされているが、作品名を次の2枚のパダジェフスカの作品集CD…

「マイナンバーで還付」で取引しているのは

必需品を購入した際のポイント情報が送られてくる「時刻」と「端末」(=買い物をした時刻と場所)情報だけでも、生活などのプライバシー情報満載なのだが、それは権力者が当たり前のようにかき集めて良いものなの? 病院の中に売店があるわけだが、そこで何…

続:悲惨なメカニックサービスは誰のせい?

悲惨なメカニックサービスは誰のせい? - 晴天な の続編 今年は種々の状況のために、チームメンバーの多くのご家庭で、競技会前日に室内用タイヤから屋外用タイヤに履き替えなければいけないという事態になりました。作業の仕方がわからない、工具もないとい…

Paul Dukas の楽譜

今年(2015年)はポール・デュカ(Paul Abraham Dukas 1865年10月1日 - 1935年5月17日)の生誕150年だそうだ。そこで、デュカをテーマに楽譜を漁った成果をここに記す。デュカの作品について、ネット上の多くの記述が「15曲しか現存してない」と記し…

パステルナークの前奏曲

Борис Леонидович Пастернак (1890年2月10日-1960年5月30日)(Boris Leonidovich Pasternak、ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク)の作品、前奏曲変ホ短調を演奏することにしたので、これについて調べているのだが、分からないことだらけで収集がつ…

物乞い天国

これまで、右翼や左翼の物乞い主張の卑しさがたまらなく嫌で、何度も指摘してきた。こんな感じ。 右翼的思想にしても左翼的思想にしても、本来は社会構造を考えるもの。なのに右翼的思想や左翼的思想は、「自分にクレクレ」主張を飾り立てるために使われてい…

息子の子供

今日はエープリルフールなので、「妻が二人いる」とか、「お金使って、京郡大学医学部入った」とか、人に言ってはならない個人情報をぽろりと漏らしても大丈夫(問題にされない)というネタをもやーんと考えていた。突然、 「息子であるミハイル・ケノビッチ…

文字メディアのコスト

動画メディアは、視聴者の知的程度がどんなに低く変化しても、観て消費してもらえるチャンスはある。けれども文字メディアは、読者の知的程度が低くなればなるほど、(お金を出してまで)読んでもらえるチャンスは減っていく。 その意味で、文字メディアは読…

店仕舞い最終バーゲン

twitpicの、「もうサービスを続けられません、ユーザのコンテンツは全消しで、会社畳みます!」って喚きちらしておいて、最後の最後に会社を売り抜けてEXITする手口ってどっかで見たはず、……と思い返してみると、theinterviesの例があったね。

IIJmioのAPN情報

SMART DUAL (WOATE2) をモバイルルータとして、IIJmioのデータ通信カードを使う上での設定上の注意 なお、これはデータ通信だけのsimカードでの設定を書いているが、音声通話月のsimカードでもデータ通信の設定に関しては同様のはずである。(本来、WOMATE2…

Apple Watch、Google Glassに未来はあるか

Apple Watchや、あるいはGoogle Glassを見ていても、今一つ「期待できない」と感じてしまう。 これらウェラブルデバイスは、元から用いられているウェラブルなアイテムに取って代わろうとしてるようなのだが、それらの元のアイテムの価値を損なった形でしか…

障害者の「障害」が、不利になる時とは

健常者に勝った義足の陸上選手が巻き起こした議論 最先端技術による身体能力向上はどこまで行くのか:JBpress(日本ビジネスプレス) という記事を読んで思ったことをつらつらと。 記事の最後に義手でピアノ演奏することについて書いてあるけど、楽曲演奏はど…

彼女は「黒人」と呼ばれる何かになりたかったわけではない

ハフィントンポスト日本版の記事「490万回以上再生された、黒人バレリーナが出演したCMが力強い(動画)」: 酷いと誰も思わなかったのか?このタイトルに、「黒人」という言葉がはいるのは絶対に不適切だと思った。この動画(Misty Copeland - I WILL WHAT …

内容が薄い話

「デルモンテ 朝サラダ」という野菜ジュースがスーパーで広告の品として積みあがってきたのでなんとなく買ってきた。 飲んだ印象は「味が薄い……?」 名称:野菜果実混合飲料原材料名:にんじん汁、トマトジュース、りんご果汁、ほうれん草汁、レタス汁、大根…

割り箸は危険なのか?

OPP(オルトフェニルフェノール)が大量に使われた割り箸が危険という主旨の記事が出回ってますが……。 私もそんなの見てもどの程度信じるに足る話なのかよく分からないと思うわけですが。皆さんがっつり信じてコピーやら孫コピーやら、チェーンメール化して…

悲惨なメカニックサービスは誰のせい?

一輪車クラブにおいては、チームメカニック的な位置づけの私。 決してメカに詳しいわけでも、経験が豊富なわけでもなくて、まだ試行錯誤でやっていて、偉そうなことは全く言えないけど、衣装作成の面ではまったく役に立たない私なので、メカニック面で貢献し…

鑑識眼

見分ける力の話 視力の数値は、もともと軍隊において、人間大の標的をどこまで認識できるかというもの。1.0なら、1キロ。2.0なら、2キロ先まで識別できる。というものだ という(Otsune氏がどこからか拾ってきた出所元不明な)ネタがとてつもない勢いで拡散…

失われた傑作

ハリウッドの大失態! サイレント映画全盛期の作品、その70%はもう二度と見れないことが発覚 : ギズモード・ジャパン う~む。映像作品の創り手、配給元が、実は映像作品を軽んじていたというか…… 1970年代のNHKも、制作した番組を保存するというこ…

「震災時、米の原発安全策「秘匿」 保安院課長も見られず」の胡散臭さ

「震災時、米の原発安全策「秘匿」 保安院課長も見られず」の胡散臭さまず、以下の話を分析してみよう。 秘匿された情報は、2001年の9・11同時多発テロを受け、米政府が自国の原発に義務づけた対策の内容で「B5b」と呼ばれる。全電源喪失に備え、 …

手遅れな「特定秘密保護法」

小田嶋隆氏の うんざりするほど当たり前のこと:日経ビジネスオンライン を読んだ。相変わらずうまい文章だ。この「うんざり」感と似た感覚を持っているのは、私もそうだし、そして、私の周りに大勢いるのではないかと思う。「特定秘密保護法」について核心…

「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」の出典

「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」という粋な歌がある。一般に一休さんの作だと言われているようだ。 ウィキペディアの「一休宗純」の項には次の記載があった。 門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし(『狂雲集』[要出…

楽曲を真似ることで創作し、後世に影響を与える人材

頭に来た。 独創的なメロディを生みだし、後世に影響を与えることができるのは一部の人間であり、著作権フリーになった楽曲を真似ることで創作活動に励んでいる人材を育成したところでクリエイターの底上げにはつながらない [CNET Japan] 著作権保護は「死後…

クレジットカード情報の暗号は解読されたのか? ~アドビからの情報漏えいと、アドビによるユーザへの責任転嫁~

10月4日に、アドビのサポートから指示されたメールアドレス宛てに4つの質問からなるメールを送った。その1つの質問は次のとおり。(この時点では、「クレジットカード番号とパスワードは暗号化されているから問題ない」という趣旨のアナウンスしかなさ…

法廷での人の命の重み

桜宮高校2年バスケット部員の自殺に繋がった体罰で、被告人に懲役1年、執行猶予3年の地裁判決が出たそうだ。 人の命が亡くなっているのにと思うと、この判決には割り切れない理不尽を感じる。 ペットを虐待死させると、動物愛護法違反で、最高刑はは懲役…

一輪車練習状況

昨年の6月23日に一輪車の練習中に肉離れを起こし、その後長い不調に陥ったのだが、肉離れになる前の技術レベルになかなか戻すことができなかった。中でも、肉離れを起こしたまさにその時に練習していた技、サドル前持ち後進が、当時の「クランク4回転」…

冷蔵庫に入った写真をSNSにアップして注目を浴び、承認欲求を満たそうとする問題

"冷蔵庫に入るのはそんなに大きな罪じゃないと思う。でも~~全然建設的な議論になってない。” http://anond.hatelabo.jp/20130905112459 ~は違う、(何故なら~~だから)、~は違う、(何故なら~~だから)、~は違う、(何故なら~~だから)、……と言い…

電子書籍の表示

電子ペーパーのタブレット(電子書籍端末)って、なんで10インチ越えるサイズのものが無いんだろう。需要無いとか思ってるのかな。それはともかく。私の母は、目が悪い。もともと相当に悪かったが、歳をとってさらに悪くなり、今では視覚障害2級だ。視力…

「飛びたいから飛ぶだけだ」というほど単純ではない

【2007年・鳥人間コンテスト・事故・裁判】週刊誌「女性自身」様の取材を受けてきましたhttp://ameblo.jp/halniang/entry-11552574601.htmlhttp://ameblo.jp/halniang/entry-11554832226.html“色々と思うことはあるけど、はるにゃんとしてはこの裁判を通して…

時の流れ

子供を抱いていると、「こうして抱ける幸せが味わえるのは今だけ」と思い、子供が成長して離れていき、同時に自分が老いていく時の流れに思いを馳せずにいられない。 猫を抱いていると、この幸せがいつまでも永遠に続かないかなぁと、無心で時を過ごせる。 …

自動判断

ITの侵入検知システムを発展させて侵入自動防御システムを開発しようとすると、不審なアクセスを侵入のためであると「判断」し、相応しい対応が何であるかを「判断」する部分に苦労する。 侵入の意図などなんでもないフェイクのアクセスに対し、“自動判断…

誰かさんの今の心情を妄想してみた

目論見では、 「『慰安婦』使ったことなぞ悪くない!決してそのことについて俺(達)日本人は謝ったりしないぞ!」と格好よく決めるつもりだった。これぞ保守本流! だが、あちこちからごちゃごちゃ言われているうちに、いつの間にか、自分の叫んでるのは 「…

一輪車技能検定を受けた

本来3月末に行われるはずが、諸事情により延び延びになっていた一輪車の技能検定がようやく行われた。脹脛を痛めてこのところは一輪車のみならず運動全て控えていたのだが、今日はサポーターでギチリと絞って強引に受けることにした。脚が痛くなったら即棄権…

広告と個人情報

Youtubeの動画の下部に広告がちかちか出るようになって煩わしくなった頃だったか、よくGoogle chromeのダウンロードを促す広告が出た。chromeでアクセスすれば、その煩わしいchomeの広告は見なくて済むのかというと、全然そうではなく、ひたすら胸糞わるいチ…

「バットマン」男の正体

多くの人は、不思議な手品の種を知りたがるが、手品師は種を明かさないのが常だ。というのも、手品はそのの種(真相)を知ってもちっとも面白くないからだ。その点は真相が明かされるのが前提のミステリーとは違う(両方の分野の作品を創る人も多いが)。 ア…