オマージュ

f:id:akof:20180225011820p:plain

 

今年はドビュッシー没後100年のアニバーサリーイヤーということでドビュッシーの曲を物色していた。そして「版画」の第2曲「グラナダの夕べ」(1903発表)を聴いた瞬間、「なんだこれ?これにそっくりな曲をラヴェルが書いていたはずでは!?」と強く感じた。

案に諮らんや、ラヴェル「スペイン狂詩曲」の第3曲「ハバネラ」(1908発表)が、ドビュッシーの「グラナダの夕べ」に似ていることが分かった。

そして調べていくうちに、この2曲が良く似ていると感じたのは私だけではなく、これらの曲が発表された当時から、よく似ていると話題になっていたことが分かってきた。なんと、ドビュッシーグラナダの夕べ」は、ラヴェル「ハバネラ」から盗作したのではないかとまで言われたのだとか。

彫刻家シャルル=ルネ・ド・ポール・ド・サン・マルソーの妻、Marguerite Jourdain(音楽サロン主宰し、ラヴェルの友人として知られている)は、ドビュッシーに対し、「ラヴェルの10年前の『ハバネラ』のアイデア盗んだものだ」と指弾したと伝えられている。(Matthew Brown 『Debussy's Ibéria』)。1908年に発表されたラヴェルの「スペイン狂詩曲」よりも先の1903年に発表されたドビュッシーの「グラナダの夕べ」の方に盗作疑惑をかけられたのには訳がある。

1898年3月5日の国民音楽協会第266回演奏会においてラヴェルは「耳で聴く風景」という組曲を発表して作曲家として公式デビューを果たした。この「耳で聴く風景」の第1曲こそ、「ハバネラ」だったのである。しかし、その楽譜は当時出版されなかった。

当時ラヴェルとの交友関係があったドビュッシーは、この国民音楽協会第266回演奏会の演奏を聴いており、さらにラヴェルから個人的に「耳で聴く風景」の手稿譜を借りていることが分かっている。そのことから、実際にはラヴェルの「ハバネラ」が先で、ドビュッシーの「グラナダの夕べ」の方が後なのだ。

ラヴェルは当時、自身の作によく似た「グラナダの夕べ」については不快感を示したといい、その頃からラヴェルドビュッシーの交友関係は途切れてしまったのだ。ラヴェルドビュッシーの様々な曲の間には類似性が見出されていて、ピエール・ラロがラヴェルの「博物誌」はドビュッシーの曲を盗んでいると酷評するなど、ラヴェルは何かと不愉快な目にあっていたようだ。

ラヴェルが、「スペイン狂詩曲」の第3曲に「ハバネラ」を入れて出版したのは、そうした流布されている「ラヴェルドビュッシーを真似ている」説を留めるためだったのではないかと言われている。「スペイン狂詩曲」の中で、唯一「ハバネラ」だけは「夜への前奏曲」の動機が現れないなど、他の3曲とは趣を異にするのは、ハバネラだけが全く別に作曲されたものだからだ。

さて、ドビュッシーは本当にラヴェルの「ハバネラ」の曲想を盗んだのだろうか。比較の譜例(Deborah Mawer著「The Cambridge Companion to Ravel」)を見ると非常によく似ている。全体の調性だけでなくこのようにメロディやく和音までが酷似しているのだ。

 

f:id:akof:20180224214454p:plain

しかし、ドビュッシーラヴェルの「ハバネラ」を盗んだとしては説明のしにくい奇妙なことがいくつか指摘されている。ドビュッシーは、ラヴェルから「ハバネラ」の楽譜を借りた後、ハバネラのリズムの曲を「グラナダの夕べ」よりも前に「リンダラハ」というハバネラのリズムの曲を作曲している。このドビュッシーの「リンダラハ」もラヴェルの「ハバネラ」と似ている面があり、そのためドビュッシーは「リンダラハ」を発表しなかったのではないかと言われている(リンダラハの出版はドビュッシーの死後である)。

しかし、リンダラハがラヴェルの「ハバネラ」にどれほど似ているかと楽譜を比較してみても、酷似しているとまでは思えない。「グラナダの夕べ」は和音進行がラヴェルの「ハバネラ」と同じ部分があるだけに、「グラナダの夕べ」の方がより似ていると思わせるものがあり、なぜドビュッシーは「リンダラハ」は発表をとりやめ、その一方で「グラナダの夕べ」を発表したのかというのは腑に落ちない印象がある。

 

f:id:akof:20180224214511p:plain

f:id:akof:20180224214912p:plain

 

いくつかの研究では、ラヴェルドビュッシーはそもそも同じ和音進行形を好んで用いるために、この2人には似た曲の組み合わせが多くできてしまうのだという。(Deborah Mawer著「The Cambridge Companion to Ravel」)

実際、「ハバネラ」と「グラナダの夕べ」とで共通する和音進行は、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」(1894年)にも現れているとのことであり、したがってドビュッシーがこの和音進行形を「ハバネラ」から盗んだわけではないとされている。(Deborah Mawer著「The Cambridge Companion to Ravel」)

それにしても、ラヴェルの「ハバネラ」とドビュッシーの「グラナダの夕べ」の動機はよく似ており、その類似性について気付き得たドビュッシーは、ラヴェルに一言断るなどすればよかったのにと思わざるを得ない。(ドビュッシーラヴェルに連絡することなく「グラナダの夕べ」を含む「版画」を発表演奏会をしている)

さて、スペイン人作曲家のファリャは、ラヴェルともドビュッシーとも親交があり、スペイン風のリズムを持つ、ラヴェルの「ハバネラ」もドビュッシーの「グラナダの夕べ」も、どちらも絶賛している。ファリャはフランス人作曲家の2人のよき理解者だったのだろう。

ドビュッシーが亡くなったあと、Revue musicaleという雑誌社が10人の作曲家にドビュッシーの追悼曲集のための作曲を依頼した。ファリャはその依頼を受けてて「オマージュ」というタイトルのギター曲(ファリャにとって唯一のギター曲)を作った。

この曲の最後には、ドビュッシーの「グラナダの夕べ」の動機がオマージュとして現れる。曲タイトルの「オマージュ」は、無論ドビュッシーのオマージュだという意味であるが、同時に、「『グラナダの夕べ』は(ラヴェルの)オマージュだ」と言えば良かったのではとファリャは語りかけてるようにも聴こえる。

 

youtu.be

 

 

そう、今年はドビュッシーの没後100年だ。 

2017年弾いた曲

2017年は、網膜剥離で入院したり、追突されたりと災難もあったが、音楽演奏に関しては発展があった。

 

2月4日 「第23回関西ついぴ」

  • ルトスフワフスキー作曲 ソナタ 1楽章

4月16日「ピアノマニア弾き合い会」

4月22日「SHIGERUKAWAI普及演奏会」

  • ストラビンスキー作曲 "5つのやさしい小曲"から No.3「バラライカ」、 No.4「ナポリターナ」(長谷川美沙先生と連弾)
  • モンポウ作曲 "3つの遊び歌"から No.1「馬車の上にはお人形」、No.2「かささぎのマルゴ」、No.3「月のなかの3匹の子ウサギ」(長谷川美沙先生と連弾)

5月6日「第24回関西関西ついぴ」

5月13日「ピアノマニア弾き合い会」

7月16日「ピアノマニア弾き合い会」

8月5日「第25回関西ついぴ」

8月6日「ゼフィルス音楽フォーラム」

8月13日「ピアノマニア弾き合い会」

9月16日「ピアノを楽しく弾く会♪」

9月24日「ピアノマニア弾き合い会」

9月30日「みんなで作る音楽会」

10月28日「ピアノマニア平日練習会」

11月11日「マニアックなピアノ曲を弾く会」

11月12日「ピアノマニア弾き合い会」

11月18日「第26回関西ついぴ」

12月17日「ピアノマニア弾き合い会」

Pregària per a Catalunya

A principis d'octubre, quan vaig activar l'emissió de ràdio NHK FM, es va reproduir contínuament una cançó que semblava que es caracteritzava a Espanya.Aquestes cançons són "Recuerdos de la Alhambra" compostes per Tárrega, "Dansa espanyola No. 1" de Falla Composició, "Concert d'Aranjuez" de Rodrigo ... ... Què? Què? Quin tipus d'intenció és aquest programa? No és aquest programa un cartell que s'atrevia a excloure els compositors catalans que van sobreviure a la guerra civil espanyola i les dificultats de la dictadura franquista? La NHK que tria aquesta cançó immediatament després del referèndum de Catalunya i la posterior violència del govern d'Espanya és covard. Estic disaapointed amb tu, NHK. Encara que es diu "no la radiodifusió nacional", però al final es reconeix a si mateix "maldat alimentat pel govern"
Si els japonesos siguin reconeguts com a maggots, el meu orgull de l'ànima de Yamato es veurà danyat, així que, encara que sóc l'últim, m'atreveixo a pregar perquè arribi el dia tranquil de la població de Catalunya. Ignorant la intenció del "país japonès", ho faig en el meu camí.

 

Els segadors (Himne Nacional de Catalunya)

Els segadors és l'himne nacional oficial de Catalunya. Així va quedar establert per llei del 25 de febrer de 1993. El seu origen data de la Guerra dels Segadors, al segle XVII. L'himne fa una crida per defensar la llibertat de la terra.
La lletra actual és d'Emili Guanyavents i data de 1897. Usa, però, elements de tradició oral que ja havia recollit anteriorment l'escriptor i filòsof Manuel Milà i Fontanals el 1882. La versió musical és de Francesc Alió, que la va compondre el 1892 adaptant la melodia a la cançó ja existent. La primera versió enregistrada que se'n conserva data del 1900. Es pot veure darrere de l'himne una cançó primitiva nascuda a la sublevació de Catalunya del 1640: la guerra dels catalans contra el rei Felip IV, a la qual els pagesos van protagonitzar importants episodis.
Per llei del Parlament de Catalunya de 17 de febrer de 1993, Els segadors fou declarat himne oficial de Catalunya. El registre sonor oficial va ser realitzat i divulgat l'any 1994.

Els segadors - Viquipèdia, l'enciclopèdia lliure

Catalunya triomfant,
tornarà a ser rica i plena.
Endarrere aquesta gent
tan ufana i tan superba.

Bon cop de falç!
Bon cop de falç, Defensors de la terra!
Bon cop de falç!

Ara és hora, segadors.
Ara és hora d'estar alerta.
Per quan vingui un altre juny
esmolem ben bé les eines.

Bon cop de falç!
Bon cop de falç, Defensors de la terra!
Bon cop de falç!

Que tremoli l'enemic
en veient la nostra ensenya.
Com fem caure espigues d'or,
quan convé seguem cadenes.

Bon cop de falç!
Bon cop de falç, Defensors de la terra!
Bon cop de falç!

 

Hi ha diverses puntuacions musicals i arranjaments, la versió de heavy metal esdevé un gran tema després de:

www.youtube.com

A més, em va impressionar l'arranjament de la guitarra i el violoncel que va canviar la cançó original de 3 signatures de temps fins a 4 signatures de temps,https://www.jellynote.com/es/sheet-music/catalonia/els-segadors#tabs:AVaig arreglar aquesta partitura per a piano.

Els Sagados (Himne Nacional de Catalunya) by akof.3 musescore.com

La melodia d'aquest acord és molt valent i ens fa sentir la forta voluntat de la gent de Catalunya.
No obstant això, en el sentit de tractar de tocar com a cançó per a l'oració, crec que el més proper a l'original seria millor. Així doncs, toco el que vaig escriure a partir de la partitura musical que es dibuixa a la portada de la publicació de 1899.

www.todocoleccion.net

 

Els Segadors 収穫人たち by akof.3 musescore.com

soundcloud.com


Compositors de Catalunya


Catalunya produeix molts artistes com el pintor Dali i l'arquitecte Gaudí, entre altres coses, supera la resta d'Espanya en termes de compositors i el "compositor espanyol" de Wikipedia, 23 de les 99 persones que figuren al catàleg són catalanes i 8 25 persones esmentades a la llista de compositors d'Espanya provenen del catàleg de cançons de piano Pitina.

  • Isaac Manuel Francisco Albéniz y Pascual (29 de maig de 1860 - 18 de maig de 1909)
  • Pantalion Enric Joaquim Granados i Campiña (27 de juliol de 1867 - 24 de març de 1916)
  • Miguel Llobet Solés (18 d'octubre de 1878 - 22 de febrer de 1938)
  • Eduard Toldrà i Soler (7 d'abril de 1895 - 31 de maig de 1962)
  • Gaspar Cassadó i Mor (30 de setembre de 1897 - 24 de desembre de 1966)

Em pregunto si algun aficionat a la música clàssica hauria escoltat el nom dels compositors en algun lloc.
Aquesta vegada vaig decidir recollir cançons que fan sentir a Catalunya, de tres compositors de Catalunya, que pateixen la guerra civil espanyola i la repressió de l'administració franquista de Catalunya.

  • Manuel Blancafort i de Rosselló (12 d'agost de 1897 - 8 de gener de 1987)
  • Frederic Mompou Dencausse (16 d'abril de 1893 - 30 de juny de 1987)
  • Pau Carles Salvador Casals i Defilló (29 de desembre de 1876 - 22 d'octubre de 1973)

Manuel Blancafort i Frederic Mompou

Mompou i Blancafort són els millors amics, tots dos temporalment es van traslladar temporalment a França, però bàsicament van continuar treballant a Barcelona a Catalunya. Ambdues tenen reflexos introspectius. Aquest any és l'any d'aniversari de 30 anys després de la mort de dues persones.

  • Frederic Mompou De "Chants Intimes" 2me Recueil No.2 "Confidència" (1919)

soundcloud.com

 

  • Federico Mompou 9me Prélude (1943)

soundcloud.com


Incloent les següents cançons de Casals que apareixen a continuació, he escollit cançons les cançons de les quals estan properes entre si. Blancafort és una obra de petita edat perquè hi ha moltes coses amb el progrés progressiu en aquesta última etapa. El tipus de so temàtic senzill i silenciós es repeteix dues vegades, l'abast sonor i el so es van estendre àmpliament i s'aixeca, i acaba en silenci a mesura que es remunta al tipus de so temàtic.


Pau Casals


Casals tenia més de 20 anys que les dues persones abans mencionades, i abans de la guerra civil espanyola, va adquirir una posició global ferma com el Trio Casals. Va exercir com una guerra civil francesa a Espanya, es va resistir a la repressió de Franco que prohibia l'ús de la llengua catalana, actuava amb un clar missatge polític que demanava "pau". Després de l'exili, Casals va enviar una vida que contrastava amb aquestes dues persones abans de tornar a Catalunya.

Pablo Casals "Bird's Song"

"Bird's Song" va ser gravat i concertat per les cançons populars de Casals de Catalunya, i es va interpretar com el seu encorepie com a símbol de la pau des de 1945. A la seu de les Nacions Unides a Nova York el 24 d'octubre de 1971, es va celebrar un concert per celebrar el dia de les Nacions Unides, un casalz de 94 anys d'edat, va ser convidat allí i va ser guardonat amb el Premi de la Pau de les Nacions Unides. I Casals va realitzar diverses músiques, incloent la seva pròpia cançó contra la guerra. Finalment, va fer un discurs llegendari, va desbloquejar el segell que mai va jugar a l'administració franquista, va tocar "Bird's Song" amb el seu violoncel.
Casals "El Cant dels Ocells" viu el 24 d'octubre de 1971 al Dia dels EUANo he jugat el violoncel en què vaig a jugar de nou. Vaig a tocar una melodia del folklore català: El cant dels ocells - The Song of the Birds. Els ocells canten quan ells neixen a l'ànima del meu poble, Catalunya.

"No he jugat el violoncel en públic durant molt de temps, però em sento la sensació que el temps ha tornat a tocar una vegada més. És un pas de les cançons populars catalanes, El cant dels ocells-" Birds Song of the Song " .Les aus que volen al cel canten "pau, pau, pau". Aquest poema és també un poema que Bach, Beethoven i tots els grans homes van elogiar i estimar. I aquesta cançó és l'ànima de la meva pàtria Catalunya. " 

 

www.youtube.com

 

A la nit, la lluna passa pel cel més meridional


"Bird's Song" sembla ser Carol de nadal (número d'edició número 38, nou chanteon número 94).

"Quan l'alba amaga, els ocells comencen a cantar," Quan ha arribat la nit, els ocells comencen a cantar bones notícies. "Betlem va donar a llum a un nen petit, que és l'únic fill únic de Déu" "

En la meva comprensió, el Nadal és un dels noms del "Festival d'estiu d'estiu / estiu" al món, així que crec que qualsevol persona ètnica i religiosa serà igualment beneïda.

soundcloud.com


Bon Nadal Benediccions a Catalunya.

Prayer for Cataluna

At the beginning of October, when I turned on the NHK FM radio broadcast, a song that seemed to feature Spain was played continuously.
Those songs are "Recuerdos de la Alhambra" composed by Tárrega, "Spanish Dance No. 1" by Falla Composition, "Concierto de Aranjuez" by Rodrigo ... ... What? What? What kind of intention is this program? Is not this program a lineup that dared to exclude Catalonia composers who survived the Spanish civil war and the hardships of the Franco dictatorship? NHK who chooses such a tune immediately after the referendum of Catalonia and the subsequent violence of the government of Spain is cowardly. I'm disaapointed with you, NHK. Although saying "not the national broadcasting", but in the end it is self-acknowledging "damn fed by the government"

If Japanese people are recognized as such maggots, my pride of Yamato soul would be damaged, so even if I am the last one I dare to pray that the peaceful day of the people of Catalonia comes. Ignoring the intention of "Japan's country", I do it in my way.


Els Segadors

Though the original song dates in the oral tradition to 1640, its modern lyrics were written by Emili Guanyavents, who won a competition convened by the political party Unió Catalanista in 1899. The music was standardized by Francesc Alió in 1892. The song is based on the events of 1640 known as Corpus de Sang during the Thirty Years' War (1618-1648) between Spain, England, France and Austria, the event that started the Catalan Revolt or Guerra dels Segadors (Reapers' War) where Catalans fought against the Count-Duke of Olivares, the chief minister of King Philip IV of Spain.
Since the beginning of the 20th century, Els Segadors became one of the symbols of catalanism and Catalonia itself, increasing its popularity during the Second Spanish Republic and the Civil War.
After decades used de facto, sometimes alongside the Cant de la Senyera, the Catalan government adopted "Els Segadors" as the national anthem of Catalonia in 25 February 1993, by law of its parliament. The official version was made in 1994. The new Statute of Autonomy of Catalonia of 2006 confirms this decision by its article 8.4.

Els Segadors - Wikipedia

 

Els Segadors (Catalan)

Catalunya triomfant,
tornarà a ser rica i plena.
Endarrera aquesta gent
tan ufana i tan superba.

Bon cop de falç!
Bon cop de falç, defensors de la terra!
Bon cop de falç!
Ara és hora, segadors.
Ara és hora d'estar alerta.
Per quan vingui un altre juny,
esmolem ben bé les eines.

Que tremoli l'enemic,
en veient la nostra ensenya.
Com fem caure espigues d'or,
quan convé seguem cadenes.

The Reapers (English translation)

Catalonia triumphant
shall again be rich and bountiful.
Drive away these people,
Who are so conceited and so arrogant.

Strike with your sickle!
Strike with your sickle, defenders of the land!
Strike with your sickle!
Now is the time, reapers.
Now is the time to stand alert.
For when another June comes,
Let us sharpen our tools well.

May the enemy tremble,
upon seeing our symbol.
Just as we cut golden ears of wheat,
when the time calls we cut off chains.

There are various musical scores and arrangements, the heavy metal version became a big topic following:

www.youtube.com

In addition, I was impressed by the arrangement of guitar and cello which changed the original song of 3 time signature to 4 time signature,

www.jellynote.com


I arranged that score for piano.

Els Sagados (Himne Nacional de Catalunya) by akof.3 musescore.com


The tune of this arrangement is very brave and makes us feel the strong will of the people of Catalonia.

However, in the meaning of trying to play as a song for prayer, I think that as close to the original as possible would be better. So, I play what I wrote from the musical score that was drawn on the cover of the publication of 1899.

www.todocoleccion.net

 

Els Segadors 収穫人たち by akof.3 musescore.com

 

soundcloud.com

Composers of Catalonia

Catalunya produces a lot of artists like painter Dali and architect Gaudi, among other things, it surpasses the rest of Spain in terms of composers, and Wikipedia's "Spanish composer" 23 of 99 people listed in the catalog are Catalan people, and 8 of the 25 people mentioned in the list of composers from Spain are from the catalog of Pitina piano songs .

 

  • Isaac Manuel Francisco Albéniz y Pascual (May 29, 1860 - May 18, 1909)
  • Pantaleón Enrique Joaquín Granados y Campiña (July 27, 1867 - March 24, 1916)
  • Miguel Llobet Solés (18th October 1878 - 22nd February 1938)
  • Eduard Toldrà i Soler (April 7, 1895 - May 31, 1962)
  • Gaspar Cassadó i Moreu (30th September 1897 - 24th December 1966)

I wonder if any classical music fan should have heard the name of the composers somewhere.

This time, I decided to pick up songs that make Catalunya soul feel, of three composers who were from Catalonia, suffering from the Spanish civil war and the Franco administration's repression of Catalunya.

 

  • Manuel Blancafort i de Rosselló (August 12, 1897 - January 8, 1987)
  • Frederico Mompou (April 16, 1893 - June 30, 1987)
  • Pablo Casals (December 29, 1876 - October 22, 1973)

Manuel Blancafort and Federico Mompou

Mompou and Blancafort are best friends, both of them temporarily moved to France etc. temporarily, but basically continued to work in Barcelona in Catalonia. Both feature introspective musings. This year is the anniversary year of 30 years after the death of two people.

  • Manuel Blancafort From "Chants Intimes" Vol.2 No.2 "Confidence" (1919)

soundcloud.com

  • Federico Mompou Prelude No. 9 (1943)

soundcloud.com

Including Casals' s subsequent songs listed below, I chose songs whose songs are close to each other. Blancafort is a work of a young age because there are many things with progressing chirp at the latter stage. Simple and quiet thematic sound type is repeated twice, the sound range and sound widely spread and it rises, and it finishes quietly as it goes back to the thematic sound type.

Pablo Casals

Casals was older than 20 years old than the above two people, and before the Spanish civil war, he was acquiring a firm global position such as the Casals Trio. He exerted as a French civil war in Spain, resisted repression by Franco who prohibited the use of Catalan language, acted with a clear political message calling for "peace". After exile, Casals sent a life that contrasted with the above two people without returning to Catalunya again.

Pablo Casals "The Song of Birds"

"The Song of Birds" was recorded and arranged by Casals folk songs of Catalonia, and was played as his encorepiece as a symbol for peace from 1945. At the United Nations headquarters in New York on October 24, 1971, a concert was held to celebrate the day of the United Nations, a 94-year-old Casalz was invited there and was awarded the United Nations Peace Prize. And Casals conducted several musics, including his own anti-war song. Finally, he made a legendary speech, unlocked the seal he never played in the Franco administration, played "Bird's Song" with his Cello.

Casals "El Cant dels Ocells" live on 24 October 1971 at U.N. Day
I have not played the cello in I am going to play again. I am going to play a melody from Catalan folklore: El cant dels ocells - The Song of the Birds. Birds sing when they They are born in the soul of my people, Catalonia .

"I have not played cello in public for a long time but I am feeling the feeling that the time has come to play once again.This is a passage of the Catalan folk songs, El cant dels ocells-" Birds Song of the Song ".
Birds flying in the sky sing "peace, peace, peace". This poem is also a poem that Bach, Beethoven and all the great men praised and loved. And this song is the soul of my mother country Catalunya. "

 

www.youtube.com


On the night the moon passes through the southernmost sky

"Bird's Song" seems to be Christmas carol (new edition number 38th number, new chanteon number 94).
"When the dawn dawn, the little birds began to sing," When the night has come, the little birds start singing good news. "Bethlehem gave birth to a cute young child, who is the only single child of God ""

In my understanding, Christmas is one of the names of "Winter/Summer Solstice Festival" in the world, so I believe that any ethnic and religious people will be equally blessed.

soundcloud.com

Merry Christmas! Blessings in Catalunya.

カタルーニャのための祈り

10月のはじめ、NHKのFMラジオ放送をつけたところ、スペインを特集したと思われる曲が続いて流れた。
タレガ「アルハンブラの思い出」 、ファリャ「スペイン舞曲 第1番」 、ロドリーゴ「アランフェス協奏曲」 ……はぁ??どういうこと?スペイン内戦とフランコ政権独裁の苦難と立ち向かったカタルーニャの作曲家をわざと外したラインナップではないか。カタルーニャ住民投票と、そのあとのスペイン政府の暴虐の行いの直後にこれは酷いではないか。見損なったよ、NHK。「国営放送ではない」といいつつ結局は「政府の犬」を自認してるわけか……

 

日本人がこんな蛆虫のような奴ばかりだと思われては、大和民族の名がすたるので、たとえたった一人であっても構わないのでカタルーニャの人々の心安らかなる日がくるよう祈ろうと思った。「日本国」のご都合なんか捨て置いて、私のやり方で。

 

「収穫人たち」(カタルーニャ国家)

“この歌は、スペインの圧制に対して起きた1640年の収穫人戦争時に生まれた。現在の歌詞は、1882年に発表された文献学者マヌエル・ミラーのRomancerillo catalánに収められていた、17世紀のロマンセを元として、1899年にエミリ・グアニャベントが創作した。ロマンセの詩もグアニャベントの歌詞も、どちらも民衆に広まった。しかし、現在の歌詞は作詞者グアニャベントの政治的な意図が強い。音楽は、古くから歌い継がれてきた民謡のメロディーを元に、フランセスク・アリオが作曲したものである。”
“1993年2月25日、カタルーニャ自治州議会は、公式に『収穫人たち』を国歌に制定した。”

収穫人たち - Wikipedia

 

Catalunya triomfant,
tornarà a ser rica i plena.
Endarrera aquesta gent
tan ufana i tan superba.

Bon cop de falç,
Bon cop de falç,
Defensors de la terra!
Bon cop de falç!

Ara és hora, segadors.
Ara és hora d'estar alerta.
Per quan vingui un altre juny
esmolem ben bé les eines.

Bon cop de falç,
Bon cop de falç,
Defensors de la terra!
Bon cop de falç!

Que tremoli l'enemic
en veient la nostra ensenya.
Com fem caure espigues d'or,
quan convé seguem cadenes.

Bon cop de falç,
Bon cop de falç,
Defensors de la terra!
Bon cop de falç!

勝利者カタルーニャ
再び豊かに栄えよ
思い上がった傲慢不遜な
奴らを退却させるのだ

鎌を振れ
鎌を振れ
国の守り手よ!
鎌を振れ!

収穫人たちよ、今がその時だ
今や警告を発する時だ
来年の6月のために、
我々の武器を研ごう

鎌を振れ、
鎌を振れ、
国の守り手よ!
鎌を振れ!

我らの旗を目にして
奴らは震え上がっている
まさに黄金色の小麦を刈り取るように、
時が来れば、我らを拘束する鎖を断ち切るのだ

鎌を振れ、
鎌を振れ、
国の守り手よ!
鎌を振れ!

 

 

 様々な楽譜、編曲があり、ヘビーメタルバージョンは大きく話題になった。

www.youtube.com

 

また、この3拍子基調の原曲を4拍子に変えたギターとチェロ用編曲

www.jellynote.com

には感銘を受けたので、そのままピアノ版に落としてみた。

Els Sagados (Himne Nacional de Catalunya) by akof.3 musescore.com


ただ、祈るという観点からは、できれば原典に近いものが良かろうと思い、1899年の出版物の表紙に描かれていたらしい楽譜

www.todocoleccion.net


から、採譜したものを演奏したい。

Els Segadors 収穫人たち by akof.3 musescore.com


 

soundcloud.com

 

カタルーニャは、画家であるダリや建築家のガウディのように多くの芸術家を輩出しているが、中でも作曲家に関してはスペインの他の地方を凌駕しており、ウィキペディアの「スペインの作曲家」にあげられている99人のうち23人が、ピティナピアノ曲事典の「スペイン出身の作曲家の一覧」にあげられている25人のうち8人がカタルーニャの出身である。


恐らく、

といった作曲家の名前ははクラシック音楽ファンならどこかで耳にしたことがあるのではなかろうか。

今回は、カタルーニャ出身で、スペイン内戦やフランコ政権のカタルーニャ弾圧の中を苦しみつつ音楽活動した

から、カタルーニャの魂を感じさせる曲をとりあげることにした。

マニュエル・ブランカフォルトとフェデリコ・モンポウ

モンポウブランカフォルトは親友同士であり、2人とも一時的にはフランスなどに拠点を移すことはあったが、基本的にはカタルーニャバルセロナで活動し続けた。ともに内省的な曲想を特徴としている。今年は2人の没後30年のアニバーサリーイヤーである。

マニュエル・ブランカフォルト 「内なる歌」第2集よりNo.2「秘め事」(1919)

soundcloud.com

フェデリコ・モンポウ 前奏曲 第9番(1943)

soundcloud.com


この後に掲げるカザルスの曲も含めて、曲想が互いに近いものを選んだ。ブランカフォルトは後期になると晦渋な和音進行のものが多いため、若いころの作品である。シンプルで静かな主題音型が2回繰り返された後、音域や音響が大きく広がって盛り上がり、そして主題音型に戻って静かに消え入るように終わる。

パブロ・カザルス

カザルスは、上述の2人より20歳以上年長であり、スペイン内戦になる前には、カザルス三重奏団など、確固たる世界的地位を獲得していた。スペイン内戦でフランスに亡命し、カタルーニャ語の使用を禁ずるなどしたフランコの弾圧に抵抗し、「平和」を求める明確な政治的メッセージを発しつつ活動をした。亡命後カタルーニャに戻ることなく上記の2人とは対照的な生き方をとった。

パブロ・カザルス「鳥の歌」

「鳥の歌」は、カタルーニャ民謡をカザルスが採譜・編曲し、1945年から平和を求める象徴として彼のアンコールピースとして演奏された。1971年10月24日、ニューヨーク国連本部で国連の日を祝う演奏会が開催され、94歳のカザルスはそこに招待され国連平和賞を贈られた。そしてカザルスは自作の国連賛歌を含め、いくつかの曲の指揮をした。そして、最後に伝説的なスピーチを行い、フランコ政権支持国では決して演奏しなかった封印を解き、「鳥の歌」をチェロ演奏した

Casals “El Cant dels Ocells” live on 24 October 1971 at U.N. Day
I have not played the cello in public for many years, but I feel that the time has come to play again. I am going to play a melody from Catalan folklore: El cant dels ocells – The Song of the Birds. Birds sing when they are in the sky, they sing: “Peace, Peace, Peace”, and it is a melody that Bach, Beethoven and all the greats would have admired and loved. What is more, it is born in the soul of my people, Catalonia.

「長い間、公共の場でのチェロの演奏を行わずにきました。しかし、今一度演奏する時が来たという思いを感じています。これから、カタルーニャ民謡の一節、El cant dels ocells-『鳥の歌』という曲を演奏します。
空に舞う鳥たちは、「平和、平和、平和」と唄います。この詩こそは、バッハ、ベートーベンそして全ての偉人たちも賞賛し、愛した詩になります。そしてこの歌は、私の祖国カタルーニャの魂なのです。」

www.youtube.com


月が最南を通る夜に

「鳥の歌」は、クリスマスキャロル(新版2000年刊38番・新聖歌94番)だそうです。
“夜が明けると小鳥達が歌い始めました。「夜が明けて、小鳥たちは歌い始める、良い知らせを。《ベツレヘムに、かわいい幼な子が生れ給うた。この方こそ、神の独り子》と。」”

私の理解では、クリスマスというのは世界中にある「冬至祭り」の呼び名の1つなので、どんな民族、宗教の人も等しく祝福されるものだろうと考えています。

soundcloud.com

メリー・クリスマス!カタルーニャに祝福のあらんことを。

偽作曲(シリーズ5回目:女性)

偽作曲シリーズ5回目、そして最終回である。前々回で「金」をテーマにしたので、ならば次のテーマは「女」だと半ば冗談に決めたのだが、これが取り組めば取り組むほど奥深いテーマであることがわかり、すぐには発表できなかったのだ。そこで「モーツァルト」をテーマにした回を先にして、そして今回の最終回を飾るテーマとして「女性」を持ってきた。なお、通常「金、女」と並べられる場合の「女」つまり、「男を翻弄する」という文脈では、前回無双のごとく活躍したコンスタンツェの話で十分ではないかと考える。(フリースの「子守歌」が、モーツァルトの作品と取り違えられる経緯にも、裏にはどろどろした男女の人間関係があったのではないかという話もあるのだが、そこまで言及するのは偽作のテーマには相応しくないと考えた)

 

かつて、女性が作曲することを許さない、女性蔑視の時代があり、その中で、女性作曲家は男性の名前を借りたり、中性的なペンネームを使用したりした。今回は、当初は偽名により曲を発表していたが、後に女性としての本名を明らかにしたという事例を「偽作」と捉え、紹介する。

 

ファニー・メンデルスゾーン作曲「フェリックス・メンデルスゾーンの12の歌曲 Op.8より No.3 イタリア」


偽の作曲家ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809 - 1847)は、ドイツロマン派の作曲家、指揮者、ピアニスト、オルガニスト。幼少期から音楽の才能を示して神童と知られ、交響曲をはじめとする管弦楽曲、オペラ、協奏曲、室内楽曲、合唱曲、歌曲、ピアノ曲、オルガン曲など多様なジャンルに優れた作品を数多く書いた。その曲数は900を越えると言われ、今なお「十分評価されてない」優れた作品が数多く埋もれていると言われている。
真の作曲家ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル(Fanny Mendelssohn-Hensel, 1805 - 1847)はドイツの作曲家。フェリックスの実の姉である。膨大なピアノ曲と声楽曲を(殆ど未出版のまま)遺しており、その数は600曲を越えると言われ、フェリックスの作品以上に「知られざる佳曲」が埋もれており、多くの研究家、演奏家が取り組んでいる。

 

ファニーは、弟のフェリックスと共に幼いころから音楽の優れた才能を示していたが、この姉弟の父は、ファニーの(プロとしての)音楽活動には強く反対し続けた。弟フェリックスも、ファニーの音楽の才能は認めつつも、職業的な音楽活動、とりわけ作曲には強く反対し続けた。

 

ファニーが19歳頃に作曲した3つの歌曲は、フェリックスの名で出版された、12 Gesänge Op.8 (1826年)の、No.2, 3, 12に紛れ込むように入れられた。同様に、フェリックスの12 Lieder Op.9(1830年)にも、ファニーの作品がNo.7, 10, 12に隠して収められている。

 

ファニーがようやく自身の名前で作品を発表したのは、それから20年後の1846年である。Op.1 が出版されてわずか1年後に彼女は脳卒中に倒れて亡くなり、彼女の生前に出版されたのは、わずかOp.7までである。

 

ファニーは亡くなる前年頃から、クララ・シューマンとの親交が深まったという記述を見かけるが、クララは(ロベルトと結婚するよりも前の)12歳のころより自身の名で作品を出版しており、クララの影響が大きかったのではないかと夢想する。

 

さて、今回紹介する偽作曲「フェリックス・メンデルスゾーン 「12の歌曲」 Op.8より No. 3『イタリア』 」は、ヴィクトリア女王の愛唱歌となったそうで、フェリックスが女王に謁見した際、「本当は姉の作品なのです」と告白したとのエピソードが伝えられている。

 

この「イタリア」の魅力的なメロディは、類い稀なるファニーの才能が如何なく発揮されていることが感じられるが、同時に凡庸な伴奏からはまだまだファニーが作曲家として発展途上であったことも伺える。

 

なお、フェリックス・メンデルスゾーン名義の Op.8-3 「イタリア」とは別に、ファニー・メンデルスゾーン名義での Op.8-3 (1846年の作曲)はあるわけで、今回は紹介できないが、偽 Op.8-3から20年経ったファニーの作曲の技量がどれほどかを味わうのも一興である。

 

soundcloud.com

 

参照:ファニー・メンデルスゾーンとクララ・シューマン

Fanny Hensel – Wikipedia

List of compositions by Fanny Mendelssohn - Wikipedia

楽譜:/3 Songs (Hensel, Fanny) - IMSLP/Petrucci Music Library: Free Public Domain Sheet Music

(Felix Menderssohn) - 12 Gesänge Op.8. No.3 Italien by akof.1 musescore.com



オーギュスタ・オルメス作曲「ヘルマン・ゼンタの『駱駝の歌』」


オーギュスタ・オルメス(Augusta Mary Anne Holmès, 1847 - 1903)はアイルランドにルーツを持つフランスの女性作曲家。14歳のころより作品を発表するが、女性が職業芸術家になることがはしたないとされた当時の風潮から、当初はヘルマン・ゼンタ(Hermann Zenta)という偽名で作品を発表した。実際、オルメスは、パリ音楽院への入学の道は「女性」だという理由で絶たれたのだ(入学できなかった理由には、当時オルメスがフランス国籍ではなかったことも関係するかもしれない)。

 

オルメスは、外国人だという理由でパリ音楽院への入学を断られたリストや、そして後にパリ音楽院への女性の入学を開くセザール・フランクに作曲を学ぶ。

 

オルメスは後に、フェミニズム運動を称揚する交響詩アンドロメダ」や、出自とも関わる社会的メッセージが強い交響詩アイルランド」や「ポーランド」などを発表する。

 

オルメスの死後、彼女の自筆譜はパリ音楽院に遺贈された。

 

さて、今回紹介する偽作曲「駱駝の歌」は、オルメス14歳の時(1861年)にヘルマン・ゼンタの偽名により発表された曲の1つである。1866年にそれは新聞記事で取り上げられているので、それなりに好評だったのではないだろうか。ファニー・メンデルスゾーンとは対照的に、作曲技法を早くから駆使してこちらもただならぬ才能を感じさせるが、一方でメロディを十分に魅せるには若干のせわしなさもある、そしてやはり、若々しさが輝く曲である。

 

歌ではなくピアノソロで弾く場合には、少しゆっくり目に演奏して、メロディを効かすようにした方が好ましいように思う。

 

楽譜:Mélodies pour piano et chant (Holmès, Augusta Mary Anne) - IMSLP/Petrucci Music Library: Free Public Domain Sheet Music

(Zenta Hermann) Chanson du Chamelier by akof.1 musescore.com

 

soundcloud.com

 

参照:

Augusta Holmès — Wikipédia

Augusta Holmes (1847-1903)

a biography of the day-augusta holmes (composer)

Augusta Holmès | Open Music Library

Catalog Search Results | Hathi Trust Digital Library

 

レベッカ・クラーク作曲「アントニー・トレントの『眠りの神』」

 

レベッカ・クラーク(Rebecca Helferich Clarke, 1886 - 1979)は、イギリスのヴィオラ奏者、作曲家。少なくとも31曲の作品が知られていて、その殆どがヴィオラを主役にした室内楽曲である。それら作品が評価され始めたのは最近であり、2000年にレベッカ・クラーク・ソサエティが設立されてから、ようやく作品の出版がなされるようになった。

 

クラークは、女性作曲家への偏見から、男性名を使って作品を発表することがあったが、それに伴って、様々な混乱が生じた。作曲コンクールで、クラークが男性名で提出した曲が、他の参加者の作品とともに最優秀に位置づけられた後、クラークは最終的に受賞できないことになった時、「(引き分けが決まった後に)審査員が、作曲者が『女性』であるということを知ったから、彼女には受賞させないことにしたのだ」という疑いの声があがった。その疑いに対しては、クラークが主催者の身内だから、公正性を疑われるのを避けるために、受賞させなかったのだという説明がなされた(が、主催者や審査員の身内が不利に扱われるような音楽コンクールというので、人々は納得できるのか甚だ疑問だ)。

 

クラークは1918年にヴィオラとピアノのための抒情的小品「眠りの神」をアントニー・トレントの名前で発表し、自身の手で初演にかけた。この時のコンサートのチラシを見ると大変興味深いことに、「眠りの神」の作曲者は偽名のアントニー・トレント、演奏者は本名のレベッカ・クラークが記載されている。そして、「眠りの神」の他にレベッカ・クラークが作曲したヴィオラとチェロの二重奏曲が演目に組まれているが、こちらは作曲者の記載は、正しくレベッカ・クラークの名になっている。

 

f:id:akof:20130524150943j:plain

 

果たして、評論家からも客からも「アントニー・トレント」作曲の方は激賞され、一方「レベッカ・クラーク」作曲の方は見事に無視されたということである。当時の風潮は、「女が作曲できることなどありえない」という強い決めつけが、どれほど酷かったかという話である。

 

作曲者不存在の「眠りの神」は、出版されることなく埋もれ、長らく忘れ去られていたが、2002年にようやく出版された。ヴィオラのためのオリジナル曲のレパートリーに飢えているヴィオラ奏者達は、早くもこの曲の素晴らしさに気づき、これを取り上げるようになっている。

 

楽譜:

global.oup.com

 

www.youtube.com

 

参照:

Worksi | Rebecca Clarke Society

Rebecca Clarke (composer) - Wikipedia

 

Series 5: Female
-- Fanny Mendelssohn "Felix Mendelssohn's 12 Gesänge Op.8. No.3 'Italien'"
---- My Piano Score: https://musescore.com/user/23972581/scores/4419406
-- Augusta Holmès "Zenta Hermann's Chanson du Chamelier"
---- My Piano Score: https://musescore.com/user/23972581/scores/4738631
-- Rebecca Clarke "Anthony Trent's 'Morpheus'"

「イタリア」Franz Grillparzer

Felix Menderssohn の作品として出版された Fanny Menderssohn Hansel の"Itelien" の歌詞もついでに取り上げてみた。こちらは 

Italien (Grillparzer, set by Felix Mendelssohn Bartholdy (misattributed), Fanny Mendelssohn-Hensel) (The LiederNet Archive: Texts and Translations to Lieder, mélodies, canzoni, and other classical vocal music)

にテキストが置いてあったのでそれをそのままコピペして活用。

Italien

Franz Grillparzer

Schöner und schöner schmückt sich der Plan,
Schmeichelnde Lüfte wehen mich an!
Fort aus der Prosa Lasten und Müh'
Zieh' ich zum Lande der Poesie.
Gold'ner die Sonne, blauer die Luft,
Grüner die Grüne, würz'ger der Duft!

 

Dort an dem Maishalm, schwellend von Saft,
Sträubt sich der Aloe störrische Kraft;
Ölbaum, Cypresse, blond du, du braun,
Nickt ihr wie zierliche, grüßende Frau'n?
Was glänzt im Laube, funkelnd wie Gold?
Ha! Pomeranze, birgst du dich hold?

 

Trotz'ger Poseidon, wärest du dies,
Der unten scherzt und murmelt so süß?
Und dies, halb Wiese, halb Äther zu schau'n,
Es wär des Meeres furchtbares Grau'n?
Hier will ich wohnen, Göttliche du:
Bringst du, Parthenope, Wogen zur Ruh'?
Nun dann versuch' es, Eden der Lust,
Eb'ne die Wogen auch dieser Brust!

 

Grüner und grüner Matten und Feld,
Froher das Leben, schöner die Welt!
Fort aus der Sorge düsterem Tal,
Hin in des Frühlings sonnigen Saal!
Bunter die Blumen, süßer der Duft,
Heit'rer der Himmel, frischer die Luft!

 

Sieh', wie die Gemse hüpft und das Reh,
Schau', wie der Bach hinrauscht in den See!
Zu der Lawine dumpfem Getön
Hallen Schalmeien lieblich und schön.
Hüllet der Nebel die Täler hier ein,
Oben ist Freud', ist wonniger Schein.

 

Drüben und droben wär' ich so gern!
Täler und Berge, wie seid ihr so fern!
Ach, und wie fern ist Frieden und Ruh',
Ach, und wie ferne, Liebe, bist du!
Träumend nur seh' ich Rosen noch blüh'n,
Träumend der Alpen Zinken nur glüh'n.
Täler und Berge, wie seid ihr so fern!
Drüben und droben wär' ich so gern!

 

フェアレアと公平さが平等になり、
かわいい風が私に吹き飛ぶので!
散文の負担や悩みから離れて、
私は詩の土地に行きます。
より黄金の太陽、より青い空気、
より多くの緑の緑、より香りの香り!

 

コーングラスの上に、樹液が入った腫れ、
アロエは強烈な強さを持ちます。
オリーブ、サイプレス、一つの光と一つの暗い、
あなたは優雅な挨拶の女性のようにうなずいていますか?
金のように光り輝く、葉に何が輝いていますか?
ハ!オレンジ、素敵なものが隠れている?

 

挑発的なポセイドン、それはあなたでした、
そこに冗談と歓声をあげて、とても甘い?
そして、これは半分の牧草地、半分のエーテル
その恐ろしい海の恐怖でしたか?
私はここで生きています、神聖なもの:
パルテノープ、波に平和をもたらすことができますか?
今それを試してみましょう、喜びのエデン、
この胸の中の波を和らげてください!

 

牧草地や畑をより緑と緑にし、
世界をより美しくする恵みの生活!
暗い谷の心配から離れて、
そして、春の陽気なホールへ!
よりカラフルな花、より甘い香り、
空が細かく、空気がいっそうフレッシュ!

 

アンテロープがどのようにスキップしているのか、そして鹿は、
その川がいかに湖に流入しているか見てみましょう!
雪崩の騒音に
素敵で上質なエコーパイプ。
ここの谷は霧で覆われています。
上は喜び、甘い輝きです。

 

私は嬉しく思っています!
渓谷と山々、あなたはどこまでですか?
悲しいかな、どれくらいの平和と休息 -
ああ、あなたとはまったく同じように、愛です!
唯一の夢は私はバラの花を見て、
唯一の夢は、アルプスのピーク輝く。
渓谷と山々、あなたはどこまでですか?
私は嬉しく思っています!